ROTAX/MINI MAXを、950(ジュニアフレーム)に載せる際、必要となるパーツ
まず、ミニマックスのチャンバーは、YAMAHAエンジンなどの1箇所止めではなく
2箇所、固定する必要があります。右の写真のような、加工が必要となります
写真は、シートステーを加工して取り付けています。
サンプルシャーシは、CRG製(NEWAGE950)
参考写真
リア右側
参考写真
リア左側
コレには、クランプを、使用しています

カラー4色 価格¥4935/個

コレで、ミニマックス(ジュニア・シニア共通)チャンバーが装着できました
次に、そのままでは、チャンバーと、リアスポイラーが干渉するため
リアスポイラーの位置の調整を行う必要があります。
写真(参考商品)のようなパーツにより、
少し後ろ側へ伸ばす必要があります。
写真のパーツは15センチの物。実際は10センチ前後の、ものでオッケーです
コレを、リアエンドに2個装着。
※安全性は、問題ありませんでした。
あとは、しっかりボルトを締め、コレで完成です。




各パーツに関しては、所属チームなどにご相談ください
また、TONYKART(950)のように、2センチほどのブッシュで
装着できるものもあり、メーカーによって違うようです